所属・連絡先

岩本貴之 博士(情報理工学)

東京大学大学院情報理工学系研究科
システム情報第3研究室 研究員(学術研究支援員)

〒113-8656 文京区本郷7-3-1 工学部6号館 131号室
TEL&FAX 03-5841-6927
e-mail iwa (at) alab.t.u-tokyo.ac.jp (iwaとalabの間に@)


研究

触覚の研究をしています.特にデバイス開発に関心があり,現在の主なテーマは2次元走査型超音波触覚ディスプレイ(pdf)の研究です.デモ動画はこちら(mpg 10M).


Publications

学術論文

  1. 岩本貴之,篠田裕之: 音響放射圧の走査による触覚ディスプレイ,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 11, No.1, pp. 77-86, 2006.

国際学会(査読あり)

  1. Takayuki Iwamoto, and Hiroyuki Shinoda: Finger Ring Device for Tactile Sensing and Human Machine Interface, Proc. SICE Annual Conf. 2007, Sep. 2007.

  2. Takayuki Iwamoto and Hiroyuki Shinoda: Finger Ring Tactile Interface Based on Propagating Elastic Waves on Human Fingers, World Haptics, Japan, pp. 145-150, Mar. 2007.

  3. T.Iwamoto and H.Shinoda: Two Dimensional Stress Reproduction Using Ultrasound Tactile Display, Proc. SICE-ICASE International Joint Conference 2006, pp. 4818-4821, 2006.

  4. Takayuki Iwamoto and Hiroyuki Shinoda: Two-dimensional Scanning Tactile Display using Ultrasound Radiation Pressure, Proc. Symposium on Haptic Interfaces for Virtual Environment and Teleoperator Systems (IEEE Haptics Symposium 2006), pp. 57-61, 2006.

  5. Takayuki Iwamoto, Yoshimichi Ikeda, and Hiroyuki Shinoda: Two Dimensional Radiation Pressure Tactile Display, Proc. SICE Annual Conf. 2005, pp. 1298-1301, 2005.

  6. Takayuki Iwamoto and Hiroyuki Shinoda: Ultrasound Tactile Display for Stress Field Reproduction -Examination of Non-Vibratory Tactile Apparent Movement-, World Haptics, Italy, pp.220-228, Mar. 2005.

  7. Takayuki Iwamoto and Hiroyuki Shinoda: A Tactile Display using Ultrasound Linear Phased Array, Proc. the 14th International Conference on Artifitail reality and Telexistence (ICAT2004), pp.383-388, Nov. 2004.

  8. Hiroyuki Shinoda and Takayuki Iwamoto: A Cutaneous Perception Model and Its Examination by Ultrasound Tactile Display, Proc. the 2nd International Workshop on Man-Machine Symbiotic Systems, pp.261-270, 2004.

  9. Hiroyuki Shinoda, Takayuki Iwamoto, Naoya Asamura and Yasutoshi Makino: Two Methods of Hi-Fidelity Cutaneous Display: Multi-Primitive Stimulation and Stress Reproducing, Proc. IROS (Int. Conf. on Intelligent Robots and Systems) 2004 Workshop TWF1 Touch and Haptics, 2004.

  10. Takayuki Iwamoto, Daisuke Akaho, and Hiroyuki Shinoda: High Resolution Tactile Display Using Acoustic Radiation Pressure, Proc. SICE 2004, pp.1239-1244, 2004.

  11. T. Iwamoto, T. Maeda, H. Shinoda: Focused Ultrasound for Tactile Feeling Display, Proc. 11th International Conf. on Artificial Reality and Telexistace, pp. 121-126, 2001.

国内学会

  1. 岩本貴之,篠田裕之:静脈画像を利用する指先変形の観察,第24回センシングフォーラム資料,pp.218-221,2007.

  2. 岩本貴之,篠田裕之:指の多自由度振動計測による触覚インターフェイス,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会 2007 講演論文集,1A2-A08,2007.

  3. 岩本貴之, 中山央己,篠田裕之:指先の振動伝播を利用した接触位置定位センサ,第7回計測自動制御学会 (SICE) 
    システムインテグレーション部門講演会,pp.482-483,2006.

  4. 岩本貴之,篠田裕之:超音波触覚ディスプレイを用いた2 次元触覚刺激パターンの生成, 第7回計測自動制御学会 (SICE) 
    システムインテグレーション部門講演会 ,pp.508-509,2006.

  5. 岩本貴之, 星貴之,篠田裕之:生体指の振動計測に基づく触覚センシング,第23回センシングフォーラム資料,pp.285-288,2006.

  6. 岩本貴之, 長谷川拓也,篠田裕之:指中節部における触覚神経信号の計測,第23回センシングフォーラム資料,pp.289-292,2006.

  7. 岩本貴之, 篠田裕之:2次元走査型超音波触覚ディスプレイによる触感の提示,日本バー チャルリアリティ学会第11回大会論文集,pp.179-180,2006.

  8. 岩本貴之, 篠田裕之:マルチアレイ方式による二次元走査型超音波触覚ディスプレイ, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会 2006 講演論文集, 2P2-B25(1-2), 2006.

  9. 岩本貴之, 篠田裕之:超音波触覚ディスプレイによる触覚特性の解明,第22回センシングフォーラム講演論文集,pp.321-325,2005.

  10. 岩本貴之,池田佳路,篠田裕之:2次元走査型超音波触覚ディスプレイ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'05 講演論文集,1P1-N-042(1-2),2005.

  11. 岩本貴之, 篠田裕之:放射圧走査型触覚ディスプレイ,日本バーチャルリアリティ学会第9回大会論文集,pp.29-30,2004.

  12. 岩本貴之,赤穂大輔,篠田裕之: 超音波アレイによる放射圧触覚ディスプレイ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'04 講演論文集,1P1-H-1(1-4),2004.

  13. 安藤英由樹,岩本貴之,杉本麻樹,前田太郎: 行動予測のための眼球運動と手先位置を計測するウェアラブルデバイスの研究 -パラサイトヒューマンの研究第13報-, 日本バーチャルリアリティ学会 第7回大会論文集, pp.233-234, 2002.

  14. 岩本貴之, 安藤英由樹, 前田太郎: 動作予測システムとしてのウェアラブルロボット -パラサイトヒューマンの研究第16報-, 日本バーチャルリアリティ学会 第7回大会論文集, pp.241-244, 2002.

  15. 岩本貴之, 前田太郎, 篠田裕之:集束超音波による触感の呈示, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'02 講演論文集, 2P2-E10 (1-2), 2002.

  16. 岩本貴之,前田太郎,篠田裕之: 集束超音波を用いた触覚ディスプレイ,日本バーチャルリアリティ学会第6回論文集, pp. 113-114, 2001.

その他

Lecture

メディア

 

略歴

受賞等

特許